SLI 今、ここに・・・

SLIブリッジ接続済みZOOM

今年最後の一番の注目パーツが今ここに

久々の大物を捕獲しました。

最近、息を潜めていたトミーがとんでもない物を捕ってきました!

現時点で実物をいじれるのは日本でもウチが最速ではないだろうか?

SLI対応のマザーである。しかも今回はSLI対応の6600GT2枚に
噂のSLIブリッジも同時に入手している。

動くのである!

仕事上こういった最新パーツを目にかける機会が多いが今回は
久々に「本当の最新」と言える。

今回は取り急ぎ入手したと言う報告をさせて頂き
実際に動いている画像等は後日更新していきたい。

なお、私が気づいたときには既に組み立てられていて
電源を入れる直前の状態であった。

取り急ぎ画像を・・・・
GIGA-BYTEのnForce4搭載マザー

「GA-K8NXP-SLI」
MBall VIEW







パーツ装着済みで申し訳ない・・・・
主な仕様は
Socket939 Athlon 64/FX対応
Dual Channel DDR-SDRAM PC3200 4slot
Chipset NVIDIA nForce4 SLI chipset
PCI-Express x16 2slot(SLI)
PCI-Express x1 1slot
SLIシングル、マルチVGA切り替え切り替え基盤
nForce4 S-ATA4port
Silicon image3114chip S-ATA150 4port
FDD 1port
P-ATA(IDE)2port
LAN 1000base-T 2port
802.11g無線LAN
IEEE1394b&USB20/1.1
GIGA-BYTEオリジナルDPS装置

今回はこのほかに
GIGA BYTE GV-NX66T128VP Grforce6600GT PCI-Express x16
を2枚
CPU:AthlonFX55
Memory:PC3200 512MBを2本
PSU:Silent King3 500W
HDD:6Y160L0 160GB 7200rpm 8MB S-ATA
というスペックで組んでいる。

どれもこれも、そこそこのスペックのパーツばかりである。

マザーで特質すべきなのはインターフェイスの多さが目立つ
S-ATAポートに至っては新規格のS-ATA2を4ポート
S-ATA150(S-ATA1世代目)4ポートで合計8ポート搭載している。
↓S-ATA2のポート。(オレンジのコネクタだがケーブルコネクタに力が
かかっても折れないようにガードで囲んであるのも特徴である)
sata2












↓バックパネルも7.1chサウンドにDual LANと賑やかである。
backpanle









無事に組み立ても終わり無事起動している。
installed








ちなみに消費電力を計測するワットチェッカーなるもので
モニターリングしたところWindowsXP SP2立ち上げ時で220Wを消費している
かなりの消費量である。安定動作には400W以上の電源、いや、
500Wクラスが欲しいところである。

またこちらのマザーも入手したのでこれも後ほど紹介しよう。
画像で大体解ると思うが、サーバー向けのSLI対応マザーで
Xeon(Nocona)のマザーである。

上記のGIGAマザーはチップセットとVGA共に
Nvidiaであるが、
こちらはIntelとNvidiaの技術が盛り込まれている。

一方、ATIはPCI-ExpressのNative対応のRADEON X850を発表しており
NvidiaのSLIを迎え撃つ。

※マザーボードに関してはサンプル品であるため製品版時には
スペックが変更される可能性があります。

ちなみにこちらはATIとNvidiaのNASDAQの株価の変動率グラフ(3ヶ月)
Nvidiaの方は9,10月から急激に上昇しているのはSLI発表が原因か?
また年末需要で両者とも上昇傾向。

おまけに一つ。IntelとAMDのグラフも見てみよう。(6ヶ月)
AMDの上昇率が目覚ましい、これはAthlon64効果であろう。
Intelは新ソケットLGA775を発表しているが大きな上昇は無かったようだ。


さて、堅苦しくなってしまいましたが、今回の
nForce4-SLIシステムのマシンは
本日12/3(金曜日)の夕方から12/5(日曜日)の週末にかけて
ドスパラアキバ店
デモを行う予定です。秋葉原に遊びに来る方は是非アキバ店に
遊びに来てくださいね!アキバ店の場所はこちらの地図をご覧ください。




Posted by dospara_partsdog at 00:16Comments(0)TrackBack(0)主要パーツ | ミッキー2004年12月03日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: