ダイアモンドグリス「ICD7C」でCPUを華麗に冷却!

ジュリー最近注目のグリスが出たそうで?

テッシーそうなんですよ、材料がなんとダイアモンドなのです。

リンダ 永遠の輝き(大興奮)!?





ダイアモンドグリス

テッシーこちらがそのダイアモンドグリス、
親和産業:「ICD7C」です。
ちなみにグリスだけにペースト状ですから、残念ながら輝いている訳ではありません。


リンダうう……。悲しいよマーマ。

テッシー ??

リンダほら、せっかくダイアモンドということで集まってくださった女性の方々を引き止めるべく、ダイアモンドダストの必殺技を使った女性に人気のキャラネタを。

ジュリー唐突にキグナス氷河さんの話をされてもねぇ。

リンダすぐ分かるYouはさすがね。

ジュリーいえいえ^^

テッシーしょっぱなから私を置いていかないでください!


ジュリー……じゃあ本題に。親和産業のグリスと言えば、液体金属とか熱伝導シートでお世話になったですよ。
※前2回の記事は こちら と こちら!

テッシーなお、ダイアモンドの名称ですが、本製品がダイ「ア」モンドグリスなので同じ読み方で統一します。

リンダ了解〜〜。


テッシー材料のダイアモンドは非常に熱伝導率が高く、2000〜2500W/mkもあります。それだけに本製品の効果が期待できますね。
※ヒートシンクやグリスに使われる主な金属の熱伝導率は、アルミ:237、銅:401、銀:429です。

ジュリーで、本製品はそのダイアモンドが約7カラット(1カラットは0.2g)入ってます。 内容量は1.5g、含有率は92%です。

リンダ残りの8%は何?

テッシー詳細は不明ですが、ダイアモンドの粉だけだとペースト状になりませんし、そうするための材料じゃないでしょうか?

ジュリーそば粉には小麦粉、ハンバーグにパン粉を入れないと崩れやすいのと同じでは?

リンダなるほど、本当かどうかはともかく納得。

テッシーちなみに、普通のグリスより粘度が高いので、出すためには注射器を強く押す必要があります。 かといって全力で押すと、一気に出てしまう事になりますので、力加減にはご注意を。

ジュリー特に最初は力が要ります。なかなか出てこないから塞がってるのかと思った。


テッシーでは実際に冷却能力をチェックしましょう。比較用には近くにあったどこかのCPUクーラーの付属用を使います。
使用PCの主なスペックはこちら。

・インテル構成
マザーボード:Foxconn P55MX
CPU:Core i7 860
CPUクーラー:リテール
ビデオカード:GeForce 9600GT GE

・AMD構成
マザーボード:Foxconn A7GM-S
CPU:PhenomII X2 550
CPUクーラー:TDP 65W用
ビデオカード:オンボード

ケース:両構成共にBLケース(MicroATX)





計測画面

テッシー今回は温度測定だけの為OSはXPです。計測は、負荷ツールに「Prime95」、測定は各マザーボードに付属のツール「FOX ONE」を使用しています。

ジュリーAMD構成は、CPUクーラーがTDP65W対応製品に対して、CPUは80W製品を搭載したので、この状態でちゃんと冷えるかに注目。

リンダ期待期待。


・インテル構成
  アイドル時 負荷時
普通のグリス 16℃、1086回転 73℃、2142回転
ダイアモンドグリス 17℃、1080回転 63℃、2102回転

・AMD構成
  アイドル時 負荷時
普通のグリス 39℃、2402回転 63℃、3199回転
ダイアモンドグリス 36℃、2350回転 59℃、3040回転


ジュリー同じクーラーでも最大10℃の差……。効果は液体金属や板に匹敵しますかな。ちなみにインテル環境よりAMDのほうが差が小さいのは前2回のグリスと同じです。

リンダやっぱり冷えるのね〜。


説明書

テッシーなお、パッケージには塗り方が書いてある簡易説明書が付属してますが、 そこに複数グリスとの冷却比較もあります。これによると、Liquid Pro(液体金属)の方が少しだけ勝るようです。

リンダさすがメーカーHPで「決して絶対にアルミ製のヒートシンクは、ご使用しないで下さい」というだけの強力グリスだけはあるわね。

ジュリーその代わり、ダイアモンドグリスは電気伝導が無いため、もしマザーボード上にこぼしても安全とのこと。

リンダ使い勝手はダイアモンドグリスが良さそうね。

ジュリーなお、価格ですが販売しているお店では、1,380円となります。

リンダなんと、ダイアモンドなのに液体金属より低価格?

テッシー液体金属は内容量3.5g、こちらは1.5gですから、グラム単位だとダイアモンドが高価ですね。

ジュリーあと、価格から察するに、ダイアモンドはさすがに工業用だと思いますぞ。

リンダ分かってるわよ。ロマンを求めてただけだもん><

テッシーまた、簡易説明書の塗り方を見る限り、1回に使う量は液体金属より多くなりますよ。内容量も少ないため、何回も塗り直しは出来なさそうです。

リンダでもほとんどの人はそう塗り直さないでしょ。1〜2回で済ますなら低価格なダイアモンドグリスでいいよね。

ジュリー逆に、オーバークロック等をするためCPUやクーラーをよく交換する方は、使用できる回数が多く冷却効果が少しでも高い液体金属のほうが良いかも。

テッシーそうですね、この辺りは用途次第ですので臨機応変に選んでください。


リンダでは無事冷えると判明したところで、ありがたくダイアモンドを……。

ジュリーそうは行きませぬ。ぜひ我が家の新PC用に(明日パーツを揃える予定)。

リンダその時一緒に買いなさい。今欲しい私が優先ね。

ジュリー人類は「明日」の未来へ向かって立たねばならぬ時である!(byギレン)

リンダ人類を新たな時代へと誘うのは、「今」を生きる人間だ!(byアレハンドロ)


テッシー いい年して、
ガンダムのセリフ使ってまでグリスを奪い合わないでください……。



その他記事一覧は こちら




Posted by dospara_partsdog at 18:06Comments(0)TrackBack(0)実用 PCパーツ | 3匹2009年11月13日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: