7シリーズマザーボードでマルチモニターをチェック!

リンダ先週のレビューで7シリーズマザーボードを紹介してたわよね。
  ※先週の製品レビューは こちら!

ジュリーではこちらも7シリーズを見てみましょう。

テッシーなぜ対抗するのかと。






リンダで、何を見るの?

ジュリー今回は、CPUのオンボード出力と増設ビデオカードを一緒に使える
マルチモニターについて見てみようかと。


テッシーこの機能は6シリーズにもありましたよね?

ジュリーです。まあ、これまで見てなかったのでちょうど良いかと。
あと、CPUと増設のビデオ機能を使って性能向上するソフト「Lucid Virtu」が新バージョンの
「Universal MVP(以下Virtu MVP)」になっているし一緒に見てみようと。

  ※Virtuのライセンスが無いマザーボードでは、体験版(1カ月)しか使えません。

リンダなるほど。

テッシーマルチモニターといえば、
AMDのA75マザーボードもオンボードのRADEONとGeForceを同時に使えますよね。


リンダ最近のマザーボードはいろいろ便利になってきたわね。

テッシーただしマルチモニターの時は、BIOS(UEFI)やOSの設定次第で
機能が使えないとかいろいろあるので、その辺の確認をしてみましょう。

  ※A75マザーボードにGeForceを搭載した時の記事は こちら!


ジュリーマザーボードそのもののチェックは製品レビューで見ているので、
一気に行きますぞ。
使用PCの主なスペックは以下の通りです。

マザーボード:ASRock Z77 Pro4
CPU:Core i5 2500k
MEMORY:PC3-12800 4GBx2
OS:Windows 7 Ultimate 64bit

ビデオカード:
RADEON:HD6450、HD7750
GeForce:GT430、GTX680



マルチ設定
テッシーマルチモニターの方法ですが、まずBIOS(UEFI)で 「IGPU Multi-Monitor」をEnableにします。


プライマリ設定
ジュリー「Primary Graphics Adapter」はUEFIを表示する側の設定です。
「OnBoard」がCPU(マザーボード)側、「PCI Express(PCI-E)」がビデオカード側になります。
その他注意点もありますが後述で。


リンダほむ。

テッシーあとはWindowsや各種ドライバをインストールすればOKです。

リンダこう聞くと何事もない気がするけど。

ジュリーOS上での注意点が結構あるのです。
今回見てわかった点は以下の通り。


●設定&ドライバインストール時
・UEFI設定時は、プライマリに設定する出力の方にケーブルを挿しておくこと。
  ※例:プライマリがオンボード設定で、ケーブルはビデオカードのみ接続の場合、
   UEFI画面が見えません。
   プライマリがビデオカード(PCI-E)でオンボードのみ接続でも同様。

・OS上でビデオドライバを両方入れ終わるまで、OS画面はUEFIのプライマリ側しか表示しない。
  ※例:UEFIでビデオカード(PCI-E)をプライマリにした場合、
   オンボードのドライバだけ入れた状態でも、OS画面はビデオカード側しか表示しない。

・ビデオカードとオンボードの両方をディスプレイに接続していると、
 OS上で両方のドライバを入れた瞬間にオンボード側がプライマリになる。
  ※UEFIのプライマリ設定は関係なし。ビデオカード側をプライマリにするには、
   「画面の解像度」で手動設定して下さい。

●ビデオカード機能の制限
・RADEON増設時にUEFI&OS上でビデオカードをプライマリにして、
 さらにオンボードも接続されていると、Eyefinityでの複数画面一体化ができない。
 オンボードを消す(ケーブルを抜いて認識を消す)と一体化が可能。
 その後オンボードを再接続しても一体化は維持される。

・RADEON増設時にUEFI&OS上でオンボードをプライマリにすると、
  オンボードが接続中でも複数画面一体化は可能。
  ※ただし再起動すると、一体化したRADEON画面がプライマリになる。
   再度オンボード側をプライマリにしても、再起動するごとに戻る。

・マザーボード次第では、Eyefinityどころか、
 RADEON側の回転(ピボット)が出来なくなる事も。
 この場合、UEFIの「Render Standby」をDisableにすれば改善する可能性があります。

・今回のチェックでは、GeForceGTX680を搭載時にOS上でオンボード側が出力不可。
 UEFIのプライマリをどちらにしても改善せず。
 さらに、ビデオカードをプライマリにして、オンボード→ビデオカードの順に
 ドライバを入れるとブルースクリーンが発生。
  ※GT430ではオンボード側も問題なく表示できました。
   GTX680はマザーボードやドライババージョンが異なれば
   表示できる可能性もあります。


リンダ結構ややこしいわね……。

テッシーなお、オンボードかビデオカードの片方のみに接続してUEFIが見えない場合、
まずはケーブルを反対側に接続後に再起動してみてください。


リンダ了解〜


テッシーでは次に、Virtu MVPを軽く試してみましょう。
今回は以前からあるd-Modeやi-Modeではなく、
新機能のHyperFormanceで3D性能が上がるかを見てみました。

  ※Lucid VirtuのメーカーHPは こちら(英語)!

ジュリーVirtu MVPを使う場合、以前のi・d-Modeはオンボードかビデオカードの
どちらかだけに接続が条件でした。


リンダでも、HyperFormanceの場合、OS上でオンボードをプライマリにする
必要があるものの、両方接続してても使えるのね。

  ※つまり、マルチモニターしながらHyperFormanceが使えます。

テッシーなお、今回のベンチマークではビデオカード側をプライマリにしても
スコア向上を確認できましたが、説明書にはオンボード側でと書いてますのでご注意ください。



Virtu起動01
テッシー使い方は、ゲームなどをプレイの直前にデスクトップ上のアイコンをクリック。
するとタスクマネージャに登録されるので、ウインドウを開きます。



Virtu起動02
ジュリーウインドウを開いたら、赤いボタンを押して「ON」にするだけです。
なお、ゲームは必ずONにした後に起動して下され。


テッシーではベンチマーク結果をどうぞ、
時間や環境の都合で見ているソフトが異なりますがご了承ください。

  ※GTX680はオンボードが映らないため、Virtu MVP時もGTX680に接続しています。

  ビデオカード単体 Virtu MVP
HD6450(3DMark06デフォルト) 3813 3816
HD7750(3DMark06:解像度1920x1080) 14871 22105
GT430(3DMark06:デフォルト) 8595 10871
GTX680(3DMark11:Extreme) X3168 X4424


リンダGTX680やHD7750のスコアって4割くらいアップしてない?

テッシーですね。正直驚きました。

リンダHD6450だけは変わらないのね?

ジュリーですのう。HD6450の様な、CPU側のビデオ機能と大差無い性能の ビデオカードは効果が無いのかも。


Virtu対応ソフト
テッシーなお、Virtu未登録のソフトはそのままでは効果がありません。
「Applications」タブの「ADD」ボタンを押して、ソフトの実行ファイルを登録してください。



Virtu対応ソフト追加
ジュリーただし登録しても効果が出ないソフトも多いです(大討伐はスコアが下がりました)。

テッシーまあ登録解除も簡単ですので、
プレイするゲームがあれば一度は登録して効果があればオッケーという事でいいのでは。


リンダそう言えば、Virtuが起動していると動かないゲームもあるって本当?

ジュリー例えばLineageIIは、nProtect GameGuardに引っかかって タイトル画面で落ちました。

リンダなるほど。

テッシーという訳でチェック終了です。 Virtuは最初からの登録ソフトは効果大、
他のゲームも登録は簡単ですのでぜひ試してはいかがでしょうか。


リンダさすがにまだ無条件で性能アップとはいかないけど、
対応ソフトは有名どころも多いから試して損は無いかも。


ジュリーVirtuをオンか……。
  ※犬はVirtuをヴァーチュと呼びました。正式名称は不明です……。

リンダテッシーものすごくバーチャロンの予感。


ジュリー瞬時に見破られた……。

リンダすぐ読まれるネタはいかがなものかと。

ジュリー ちょうど来週(4/26)バーチャロンフォース
(Xbox360プラチナコレクション版)が発売されるので、
ゲーム戦士として見逃せなかったのです><






■今回紹介した製品
Intel:7シリーズマザーボード


その他記事一覧は こちら




Posted by dospara_partsdog at 17:34Comments(1)TrackBack(0)主要パーツ | 3匹2012年04月19日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by かは   2013年11月04日 22:12
5 ありがとー
できたーー
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: