上海問屋のBluetoothキーボード「DN-80513」を確認

DN-80513パッケージ
バディ上海問屋のワイヤレスキーボード
「DN-80513」を入手しましたのでチェックしてみたいと思います。

 ※DN-80513の販売ページはこちら!

ジュリー先月もワイヤレスキーボードを見たような。






バディ今回の製品は、DN-67302と全く方向性が違うんですよ。

リンダどう違うの?


バディこのDN-80513は、 キーボードとタッチパッドを切り替えられる製品です。

リンダほうほう。タブレットPCのお供としてキーボード、
家ではタッチパッド、みたいな使い方かな。


ジュリー確かに前回のDN-67302とは形状も役割も違いますの。
Bluetooth搭載のノートPCやタブレットですぐ使えるのもポイントかと。


バディですね。なお、OSはWindows XP/Vista/7だけでなく、
OS X、iOS、Linux、Androidに対応しています。


ジュリーつまり、iPadやスマートフォンでも使えるって事で?

リンダみたいね。

バディあと、説明書にWindows 8は書いていませんが、対応しているそうです。
では、ここに私のAndroidのスマートフォンがあるので試してみます。


リンダ私のiPhoneでも見てみようかな。

ジュリー自分の分まで頑張ってください><
 ※ジュリーのスマートフォンはWindows Phoneです。




DN-80513製品写真
バディまずは形状などを見てみましょう。
ご覧の通り見事に平面です。


リンダ付属品や手に持った写真、スペックは販売ページをご覧ください。
 ※販売ページはこちら!


ジュリーコンパクトかつ薄くてフラットだから、
カバンとかに入れやすいですの。



DN-80513キーボードが光る
バディあと、電源ONの時や、
キーを押した時に光るのがなかなかカッコいいですよ。


リンダほうほう。


DN-80513左ボタン
バディ接続はBluetooth 3.0です。
このボタンを押すと接続が始まります。


ジュリー付属のUSBケーブルはあくまで充電用です。
PC等にこのケーブルで接続しても、操作はできないのでご注意。


リンダういさ、じゃあ最初にPCで使ってみようかな。
接続方法の解説よろしく。



DN-80513接続01
ジュリータスクバーから、Bluetoothの「デバイスの追加」を
表示しました。当然ですが最初はキーボードが見えません。

 ※画面はWindows 7です。


DN-80513接続02
リンダキーボードの左ボタンを押すと、この通り認識されるのね。



DN-80513接続03
バディキーボードのアイコンを
ダブルクリックするとコードが表示されますので、
このキーボードで数字を入力してENTERを押してください。


リンダこの登録方法はスマートフォンでもほぼ同じ流れね。



ジュリーちなみにキーボードとしての感触ですが、
平面なのでさすがにタッチタイピングは難しいかと。


リンダ確かにそれは言えそう。


DN-80513キーピッチ
ジュリーでも、キーピッチが約14mmあるから
打ち間違いは少なさそうですの。

 ※キーピッチ:キーの中心から、隣のキーの中心までの距離。

バディですね〜。


DN-80513右ボタン DN-80513サウンドと振動ボタン
ジュリーなお、最初の設定だとキーを押すごとにBEEP音と振動がして、さらに光ります。
消したい場合は、本体右のボタンを押しながら、この青いアイコンがあるキーを押してください。


バディF11が振動、F12がBEEP音、キーの点灯制御はF1です。
もう一度押すと戻ります。




リンダ了解。次にタッチパッドとしてはどう?


DN-80513キーボードタッチパッド切替ボタン
ジュリーキーボードとタッチパッド(マウス)モードの切り替え方法ですが。
音や振動を消す時と同じ右ボタンを押しつつ、スペースキー上にある矢印部分を押してくだされ。
右のキーボードマークを押すとキーボードに戻ります。



DN-80513左上のキー
バディちなみにこのキーにも同等の機能があります。
この辺りの詳細は説明書(英語&中国語)をどうぞ。


ジュリーまずは指1本で普通にチェック。 いわゆるノートPCのタッチパッド部分が大きくなったという感じですの。
スライドやダブルタップ(クリック)、タップからのスクロールもOK。


バディ上部の両端にはマウスの左右ボタンに相当する「LR」がありますので、
この辺りを間違って擦らない様にしてください。


ジュリーあと、これはタッチパッドであって
タッチパネルではないので、その点ご注意を。


リンダういさ〜。

バディなお、タッチパッド時ですが、OSの種類等によって制限される操作があります。
OS X専用とか、WindowsとAndroidだけ可能、とかですね。



DN-80513説明書のOS制限表記
リンダこれは説明書に書いてあるのね。

ジュリーあと、指2本でのPinch・Spreadは、
OS制限以外にブラウザによっても動作が異なります。

 ※Pinch・Spread:指2本を動かして画面を拡大縮小する操作、
  説明書はこの表記ですが、ピンチイン・ピンチアウト等の呼び名もあります。


リンダどう違うの?

バディ基本的にAndroidの標準ブラウザ用と思ってください。
Windows 7/8のInternet Explorerだと思うように動かず。


リンダなるほど。

バディという訳で無事チェック終了です。

リンダ予想通りタブレット等のお供や、
家のPCでサブキーボードorタッチパッドに最適ね。


バディですね〜。

ジュリーちなみに、対応OSにない自分のスマートフォンでも試したところ、
キーボードの認識はするけど、接続時の認証コードが出ないので登録できず。

 ※ジュリーのスマートフォンはWindows Phoneです。

リンダそれは致し方ないかと。

ジュリーうう、大きなパッドでマイクタイソンと戦いたかったでござる。

バディ??

ジュリーほら、マイクタイソン・ピンチアウトってゲームが……。
 ※このキーボードを触っていた3/6は、
   マイクタイソンがプロデビューした日(1985年)です。

リンダバディ ゲーム名違うし、解説が無いと分かりにくい
オチはいかがなものかと。





■今回紹介した製品
上海問屋:DN-80513
パーツ館3階でも販売中!

その他記事一覧は こちら




Posted by dospara_partsdog at 16:17Comments(0)TrackBack(0)実用 PCパーツ | 3匹2013年03月07日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: