「自作セット パーツの犬モデル」に甲府モデルが登場!

ジュリー【祝】ドスパラ甲府店が
本日(4/24)オープンしました!


サンチュ記念に「パーツの犬自作セット 甲府モデル」
を用意しましたのでぜひご覧ください。

 ※店舗ページはこちら!






リンダ甲府モデルってどんな構成なの?

ジュリーこれから夏ですし、盆地は暑いという事を踏まえて、
水冷キットを導入しました。GAMMAXX 300でも十分行けますが、
インパクトを求めたという事で。


リンダ水冷って聞くと初心者無用なイメージがあるんだけど、
犬モデルとしてどう?


サンチュ最近の簡易水冷キットは結構簡単に取り付けられますよ。
さすがにブッシュピンの製品よりは手間取りますが。


リンダなるほど。
あと、CPUがi5・i7の両方から選べるって本当?


ジュリー基本は001なんですが、わざわざ水冷でCPU冷やすんだから
i7が選べないのはもったいないので、甲府モデルは選択可能です。


サンチュCPUがi7可能ですので、
電源も500W BRONZE・550W GOLDから選べます。


ジュリーですの。つまりこの甲府モデルは001・002を混ぜて
水冷を標準にしたという感じです。


リンダなるほど〜。



001パーツ一覧 ケース 水冷写真
ジュリーという訳で基本構成は以下の通りです。
マザーボード:ASRock H97 Pro4
CPU     :Core i5 4460 or Core i7 4790
CPUクーラー:DEEPCOOL MAELSTROM 120
メモリ     :ADATA PC3-12800 4GBx2
HDD     :1TB 7200回転
光学     :DVDスーパーマルチ
VGA     :Palit NE5X750S1301-1073F(GTX750 1G GDR5 OC)
電源     :500W 80PLUS BRONZE
ケース    :ENERMAX ECA3360B-RT(Fulmo Q 赤)
OS      :Windows 8.1 Update 64bit (DSP)
 ※マザーボード以外は変更可能です。OSやVGAは除外も可能です。
   一部のパーツは、在庫状況により同等品に交換する場合があります。
 ※キーボード・マウス・モニターは別売りです。


サンチュ基本的なPC組み立て方法は組立マニュアル、
マザーボードのコネクタ位置等を確認したい場合は、
001・002モデル詳細マニュアルをご覧ください。

 ※自作パソコン組立マニュアルはこちら!
 ※モデル001・002の詳細マニュアルはこちら!


ジュリーここでは、水冷ユニットの取り付けや注意点について解説しますぞ。

リンダ了解〜〜。


バックパネル1
ジュリーこれがバックパネルです。
両面にIntel・AMDと刻印されています。


サンチュこのモデルはIntel CPUですので、
「Intelが刻印されている側」をマザーボードにくっつけます。



バックパネル2
リンダつまり、取付後に「AMD」が見えればよいのね。


バックパネル3 バックパネル4
ジュリーですの。ネジは内側の穴に挿してください。
根元の突起部分を外側の穴に引っかける様にします。



バックパネル5
サンチュ最後にカバーをします。 4カ所とも同様にしてください。


ポンプ1
リンダ次はポンプ部分ね。固定用金具は、
銅部分が曲線になっている側に付けてください。
青枠の直線側はダメです。

 ※製品版はグリスが塗布済みです。


背面ファン
ジュリーケース標準の排気用ファンは外してください。
ケース前面やサイドパネルの吸気用に流用すると良いでしょう。
前面に付ける時は、外したネジは使いませんのでご注意。



取付け
サンチュラジエーターと排気ファンはこの様に付けます。
なお、実際の作業ではポンプ部分を先に付けてください。
後にすると、赤枠部分のネジ締めが困難です。



ポンプ2 ポンプ3
ジュリーポンプの向きですが、顔(仮面)マークが縦になるようにしてください。
横にすると冷却性能が落ちます。
これは説明書にも書いてありますが重要ポイントですぞ。


リンダなお、ポンプ固定時の手回しネジは、
指で限界まで回す程度でも大丈夫です。
ドライバを使う場合はマイナスドライバをご用意ください。



ファン接続場所
サンチュポンプの電源は赤枠、排気ファンは青枠に接続して下さい。
そして、元の背面ファンをケース前面やサイドパネルに流用した場合は、
緑枠のコネクタでどうぞ。



完成写真
ジュリー残りの部分は普通の001・002と同じなので省略します。
完成写真はご覧のとおりです。なお、甲府店には
LEDを仕込んだデモ機を設置してあります。



デモ機
リンダ甲府に送る前のデモ機を見たけど、なかなかにぎやかね。

ジュリー頑張って作りましたので、
ぜひ見てやってくださいませ。


サンチュ次はせっかくですので温度チェックを行いました。
チェック内容は以下の通りです。i7の時はリテールも計測しています。

 ※基本性能は001モデル記事をご覧ください

・CPU温度(A-Tuningで計測)
 アイドル     :OS起動後、3分ほど放置した状態の数値
 CPU負荷     :Prime95を実行し、約10分後の数値

  アイドル 負荷
i5 4460+水冷 29℃ 46℃
i7 4790+水冷 30℃ 68℃
i7 4790+リテール 35℃ 95℃


ジュリーという訳でチェック終了です。
さすがに水冷は冷えますのう。


リンダi7 4790でも60℃台ってのは魅力よね。

サンチュ他の店舗で同等の構成にしたい方は、001・002をベースにクーラーを
DEEPCOOL MAELSTROM 120
にしてください。


リンダういうい。

ジュリー水冷のファンも赤、ケースも赤、
まさに甲府モデルにふさわしい1台に仕上がったと思いますぞ。


サンチュなぜ赤いと甲府モデルなんですか?

リンダだよね。水冷で赤だから、
「3倍冷える!」って言うのかと思ったわよ。


ジュリー甲府とくれば武田法性院(信玄)じゃないですかい。
甲府宰相綱豊(後の徳川家宣)も有名ですが。

 ※宰相は「参議」の唐名です。ちなみに水戸の黄門様は「中納言」の唐名です。

サンチュ武田信玄は知っています。
という事は風林火山の火がイメージですか?


ジュリーそこから取ると林の緑ケースでも良くなってしまいます。
なので、武田四天王である
山県昌景の赤備えにあやかりました(結構本気)。


サンチュお〜。

リンダでもやっぱり有名なのは風林火山だから、
「水」冷はちと合わなくない?


ジュリー何を言いますかな。信玄は信玄(竜王)堤でも有名、
つまり甲府モデルは水をも制するのです。


サンチュさすが戦国時代に詳しいだけあって、
反撃が的確ですね。


ジュリー昔ライター時代に、戦国武将数百人の解説を書いたのは伊達じゃないですぞ。
という訳で、性能と価格と温度のバランスに優れる
甲府モデルに皆さんぜひご注目下さい。


リンダ三方ヶ原の家康みたいに完敗して悔しい><




■今回紹介した製品
自作セット パーツの犬モデル 甲府モデル
甲府店で販売中!
その他犬モデルのページはこちら!

その他記事一覧は こちら


スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
 ※Android・iPhone対応です。



Posted by dospara_partsdog at 10:01Comments(0)TrackBack(0)自作キット | 3匹2015年04月24日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: