「自作セット パーツの犬モデル」にi7 6700搭載の「102」が登場!

ジュリーお待たせしました!
「自作キット パーツの犬モデル 102」に
GeForce GTX 1060を搭載しました!


サンチュこれまではGTX960でしたから、
3D性能の強化が期待できますね

 ※販売ページはこちら!

 ※パーツの犬モデル総合ページはこちら!

 ※パーツの犬モデル告知&記事一覧ページはこちら!

 ※2016/8/26:ビデオカードをGTX960からGTX1060に変更しました!





リンダGTX 1060は7月に出たけど、
変更は少し時間がかかったかな?


ジュリーPalitのSuper JetStream(以下SJS)の登場と、
3GBが出るという事で性能等の確認待ちでした。


サンチュなるほどです。



ジュリーという訳で基本構成をご覧下され。


ケース写真
マザーボード:ASRock H170 Pro4
CPU     :Core i7 6700
メモリ     :Kingston PC4-17000 4GBx2
HDD     :1TB 7200回転 or 2TB 7200回転 or SSD
光学     :DVDスーパーマルチ
VGA     :オンボード or Palit GTX 1060 SJS 6GB
電源     :ENERMAX 550W 80PLUS GOLD プラグイン
ケース    :ENERMAX Fulmo Q PLUSなど
OS      :Windows 10 Home 64bit (DSP)
 ※OSは除外可能です。
   一部のパーツは、在庫状況により同等品に交換する場合があります。
   ケースは選択肢が多いので、販売ページをご覧ください。
 ※キーボード・マウス・モニターは別売りです。

リンダ変更点はビデオカードだけかな?
 ※モデル101の記事はこちら!

ジュリーです。とはいえ主要パーツが変更になったので、
ちゃんと負荷チェックはやり直してますのでご安心くださいませ。


サンチュ了解です。



ジュリー組立の際は、「自作パソコン組立マニュアル」と
「モデル101・102詳細マニュアル」をダウンロードしておくと便利です。


サンチュ「組立マニュアル」はCPUの取付けやOSインストール方法などの解説、
「詳細マニュアル」はモデル毎の特徴(コネクタの位置など)が載っています。

 ※自作パソコン組立マニュアルはこちら!
 ※モデル101・102詳細マニュアルはこちら!


リンダ恒例のOS無しモデルを買ってWindows7を
インストール予定の方への注意もよろしく。


ジュリーういさ。Intel 100シリーズのマザーボードは、
そのままの設定だとWindows 7インストール中にUSBが使えなくなります。


UEFI1 UEFI2 ※右は他マザーボードの画面です。
サンチュですので、最初にUEFI内の「Advance」→「USB Configuration」にある
「Port 60/64 Emulation」もしくは「PS/2 Simulator」を「Enable」にしてください。
これでWindows 7インストール中も操作可能になります。


リンダなお、「Port 60/64 Emulation」「PS/2 Simulator」の表記ですが、
ASRock製品はUEFIバージョン次第でどちらかの表記になる可能性があります。
とはいえ、項目がある場所は共通してますのでご安心ください。


サンチュOS&USB3.0ドライバインストール後はUEFIを戻しても大丈夫です。
「Enable」のままだと速度が落ちる事がありますのでご注意ください。


ジュリーでは性能チェックを開始しますぞ。ベンチ内容は以下の通りです。
比較対象は、定格版の製品レビュー、3GB版搭載の104、
そしてGTX 970 JS搭載時だった103であります。


・ベンチマーク
 CINEBENCH R11.5:CPU測定
 Hyperパイ     :1M桁(1コア測定)
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):解像度1920x1080
 PSO2体験版EPISODE 4(以下PSO2 e4):簡易設定6・1920x1080・フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク(蒼天)
             DirectX 11・最高品質デスクトップPC・1920x1080・フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷時     :蒼天が終わるまでの最大値
 最大負荷時    :CPU負荷ツール「Prime95」と大討伐を同時に実行し、
            1周終わるまでの最高値

・CPU性能
  CINEBENCH Hyperパイ
(少ない方が高速)
モデル102(i7 6700) 9.03 9.204秒
モデル104(i5 6500) 6.37 10.342秒
モデル103(i7 6700K) 10.31 8.707秒

・3D性能
  大討伐 PSO2 e4 蒼天 DQX
モデル102
GTX 1060 SJS
26801 47757 13281 19635
製品レビュー
GTX 1060 定格
25818 50300 12778 19375
モデル102
GTX 960 JS
16210 7483 18898
モデル104
GTX 1060 3GB
22341 42319 12099 18138
モデル103
GTX 970 JS
25834 11904 20519

・消費電力

  アイドル 負荷
(新生FFXIV)
最大負荷
(Prime95+大討伐)
モデル102
GTX 1060 SJS
31W 185W 241W
モデル102
GTX 960 JS
34W 163W 216W
モデル104
GTX 1060 3GB
35W 180W 217W
モデル103
GTX 970 JS
41W 254W 328W

リンダどれどれ、3D性能はGTX 960時代の1.5倍以上かな。
GTX 970当時の103に勝ったかな。 ただ、PSO2のスコアは定格が上なのね?


ジュリー消費電力はGTX 960の時から少し増えてますが、
ワットパフォーマンスは間違いなく勝っております。
PSO2はスコア頭打ち傾向&ブレがあるので問題ないかと。


サンチュ今までは蒼天がギリギリ非常に快適でしたが、
今は余裕がありますので、プレイヤーが多い場所や
もう少し上の解像度でも十分行けますね。


リンダなるほど〜。




サンチュという訳でチェック終了です。
ワット&コストパフォーマンスに優れたゲーミングPCをお求めの方は、
ぜひモデル102にご注目下さい。


ジュリー犬で102・・・。

サンチュ何か言いたそうですが、
101匹じゃないから大丈夫そうですね。

 ※大丈夫じゃない事を言いそうになった101記事はこちら!

ジュリーところが、101の続編で102という映画があるんですわ。

リンダ続編があったとは・・・。

ジュリーという訳で、このモデルは・・・。

リンダでも結局危険なのでそこまで!

サンチュ変な事ばかり言ってると
このモデルまで危ないと思われますよ。


ジュリーモデル102はまったく危険じゃなくて
パフォーマンス優秀なゲーミングモデルなので
ぜひご活用ください><





■今回紹介した製品
自作セット パーツの犬モデル 102
店舗でも販売中!
犬モデルの総合ページはこちら!

その他記事一覧は こちら


スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
 ※Android・iPhone対応です。



Posted by dospara_partsdog at 16:22Comments(0)TrackBack(0)自作キット | 3匹2015年11月27日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: