ASRockの新機能「Sky OC」で通常版CPUをオーバークロック!

ジュリー先日DDR3・DDR4両対応マザーボードを発売して
変態(ほめ言葉)の面目躍如なASRockですが、
今回もやってくれました。


サンチュKではない通常版等のSkylake CPUを
手軽にオーバークロック(以下OC)できる
「Sky OC」機能が登場したので、早速チェックします。

 ※ASRockマザーボードの販売ページはこちら!






リンダ話によると、クロック倍率じゃなくて
ベースクロック(以下BCLK)を上げるんだっけ?


ジュリーです、最近のCPUは、基本的にBCLKが100MHzで、
それにCPUが備える倍率をかけて定格クロックになります。
例えばi7 6700なら、動作倍率が34倍なので定格3.4GHz(3400MHz)ですの。


サンチュ通常版や低電圧版は倍率がロックされていますが、
Kは変更できるのでOCが可能です。いわゆるロックフリーですね。


リンダという訳で、倍率がロックされている通常版をOCする場合、
BCLKを上げる事になるのね。



SkyOC_UEFI1
ジュリーです。ちなみに、Sky OCには関係なく、
BCLKはいつでも上げる事ができます。


サンチュただし、多くのマザーボードはすぐ起動しなくなります。
上手くいっても105MHzくらいでしょうか。


リンダほうほう。

ジュリーですが、Sky OC対応のUEFIにすると、
さらに上げても簡単に起動する模様です。


リンダ例えば120MHzだと1.2倍だから少なく見えるけど、
倍率で換算すると、40倍のi7 6700Kが48倍になるのと同じだから、
効果は大きそうね。



ジュリーですの。という訳で実際にやってみましょう。
なお、OCのお約束ですが、
保証対象外なので自己責任でお願いします。


サンチュ現在対応しているのは
Z170マザーボードのみですのでご注意ください。



BETA_UEFI1 BETA_UEFI2
リンダまずは対応UEFIの入手ね。
各マザーボードのページからダウンロードして下さい。
なお、12/21時点ではまだベータ版なので、赤枠部分からどうぞ。



ジュリーUEFIアップデート方法などは割愛します。
自力で可能な方が自己責任でお願いします。
で、対応UEFIにしたらBCLKを上げてみましょう。


サンチュなお、Z以外のマザーボードでKのCPUをOCできる
「NON-Z OC」の様に、UEFI内にそういった名前のメニューはありません。
非対応UEFIの時と同じく、普通にBCLKをいじってください。


リンダベータ版だからメニューが無いのか、
といった点は不明です。



CPU-Z
ジュリー成功するとこの通り。
定格2.7GHzのi5 6400が1.5倍の4.05GHzになりました。


サンチュなお、ASRockの紹介ページだと、同じi5 6400が
BCLK 160MHzの4.32GHz(4320MHz)までOCできた様です。


ジュリー我らが試した環境では、BCLK 152MHzの
4104MHzが限界でした。おそらく個体差でしょう。


リンダそれより上げるとどうなるの?

ジュリー160MHzだとUEFI設定時にハングアップ。その後起動せず、
CMOSクリアで復帰。155〜153MHzだと、OSまでは行きますが、
負荷中にブルースクリーン。で、152MHzで完走と。


サンチュなるほどです。




ジュリーではせっかくなので計測結果をどうぞ。
使用PCやチェック内容は以下の通りです。

・使用PC
 マザーボード :Z170 Extreme6
 CPU      :Core i5 6400
 CPUクーラー :DEEPCOOL GAMMAXX 300
 グリス     :親和産業 ICD7C
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 電源      :XFX XTR P1-650B-BEFX(80PLUS GOLD)
 OS       :Windows 10 Pro 64bit

・CPUベンチマーク
 CINEBENCH R11.5 :CPU測定
 Hyperパイ      :1M桁(1コア測定)


・消費電力(ワットチェッカーで計測)・温度(A-Tuningで計測)
 アイドル時  :OS起動後、3分ほど放置した状態
 CPU負荷時  :CPU負荷ツール「Prime95 v27.6 Small FTTs」を実行して約5分後の数値


  CINEBENCH Hyperパイ
(少ない方が高速)
消費電力&温度
(アイドル・負荷)
定格2.7GHz 6.02 11.147秒 44W 29℃・84W 54℃
150MHz・4.05GHz 7.74 9.126秒 57W 36℃・93W 55℃
152MHz・4.104GHz 7.86 8.958秒 57W 37℃・94W 57℃
 ※定格の場合TurboBoostが有効のため、
   動作クロックは4コア負荷時3.1GHz、1コア負荷時3.3GHzになります。



リンダさすが4GHzオーバーだけあってなかなかのスコアね。

サンチュ消費電力と温度があまり上がってませんが、
こんなものですか?


ジュリー自分も不思議なんですが、ワットチェッカーとツールを
凝視してたので間違いないですわ。


リンダ倍率上げるよりエコなOCって事かな?

ジュリー結果を見る限りはそうですの。
とはいえ温度などに関係なく、BCLKを上げすぎると
止まったりするのでご注意。


サンチュ他に注意点はありますか?

SkyOC_MEMORY
ジュリーBCLKを上げるとメモリクロックもつられて上がるので、
高クロック製品を使っていない場合は、
あとからクロックを下げて調節して下さい。


リンダなるほど。

ジュリーまた、SpeedStepや内蔵グラフィックが使えなくなります。
なのでアイドル時も高クロックのままですわ。


リンダ了解〜。




サンチュという訳でチェック終了です。
OCだけに自己責任となりますが、通常版CPUをOCしてみたい方は
このSky OCにご注目下さい。


ジュリー現在対応マザーボードはZ170だけですが、
今後H170などでも使えるかもしれないとの事。
期待しませう。


リンダだね。なお、2015年のパーツの犬ですが、
犬モデルなどの告知が来る可能性があるものの、
本編は今回で終了です。


サンチュ今年最後を飾るSky OCで、
高いクロック目指して頑張ってください。


ジュリーSky・・・、高い・・・。

サンチュ最後も何か言いそうですね。

リンダ年末年始はガソダムネタが多いから、
Flying The 「Sky高く」はばたけ、って感じ?


ジュリー・・・。

サンチュ図星みたいですね。

ジュリー見破られても後には引けませぬ。
何度でも(OCを)試すのさ、
どんなに苦しくても(OCを)やり遂げる><


リンダサンチュやり遂げるまで置いときましょう。
では来年もよろしくお願いします。




■今回紹介した製品
ASRock Sky OC
ASRockマザーボードの販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら


スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
 ※Android・iPhone対応です。



Posted by dospara_partsdog at 18:53Comments(0)TrackBack(0)3匹 | 主要パーツ2015年12月21日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: