DEEPCOOLの三ツ星型ケース「TRISTELLAR SW」をチェック!

製品写真2 製品写真1
サンチュCPUクーラーでおなじみのDEEPCOOLより、
SFチックなデザインのケースが登場しました。
名前は「TRISTELLAR(三ツ星) SW」です。


ジュリー短時間ですがチェックできたので
ポイントや組立てについて見て行きますぞ。







リンダどれどれ、パーツ館限定製品なのね。 で、このケースはどんな製品なの?
 ※店舗ページはこちら!
 ※2/17:通販でも販売開始しました!



サンチュこのケースは、Mini-ITX用ですが、
30cmクラスのビデオカードが搭載できます。
詳細スペックはメーカーページをご覧ください。

 ※DEEPCOOLの製品ページはこちら!


リンダビデオカード部分がガラスじゃないモデルもあるのね。

ジュリーですの。なお、デザインのユニークさに注目しがちですが、
スチールは厚くしっかりしてますし、結構高級感があります。



リンダビデオカード以外の拡張性も結構高いわね。

サンチュドライブベイは、2.5インチx3、3.5インチx2、
さらにスリム光学ドライブもOKです。
しかも排他じゃなくて全部搭載可能です。


ジュリーただし、マザーボードがMini-ITXだから、
SATAが足りなくなるかも。


リンダ確かに、Mini-ITXはSATAの数が2〜4という製品が多いので、
ドライブを多く積みたい方はSATAの数にご注意ね。


サンチュですね。
あと簡易水冷ユニット(120mm)も搭載できますよ。




リンダところで、組立を紹介するみたいだけど、
正直この形状だとすごく作りにくいイメージなのよね。



ブロック分け
サンチュそう見えますが、搭載パーツが
ブロック分けされているので、意外と難しくないです。
なお、中央の六角形が電源ボタンです。

 ※赤:電源、3.5インチ、スリム光学ドライブ
   青:マザーボード
   緑:ビデオカード、2.5インチ



リンダ1カ所に詰め込まなくていいから
作りやすいって事かな。


ジュリーのようです。
では確認のため実際に作ってみますか。


リンダよろしゅう。



ネジ カバー外し
サンチュ各ブロックのカバーは、
背面のネジを外してそのままネジ(背面)側に引き出します。
下のブロックカバーを外す時は少し持ち上げてください。



電源ブロック 付属品
ジュリー電源ブロックから始めます。
この箱は付属品が入っています。



電源取付
サンチュ箱を外して作業を開始しましょう。
電源はこの様につけます。写真は奥行16cmの製品ですが、
ケーブルのまとめが少し苦しかったです。



14cm電源
リンダ奥行14cmならこの辺りに余裕ができるわね。


HDD_光学
サンチュですね。3.5インチHDDはレールを付けて赤矢印、
スリムドライブは青矢印の様に取付けます。



ケーブル通し
ジュリー電源のマザーボードやSATA、ビデオカード補助用ケーブルは、
この穴を通してマザーボードやビデオカードのブロックに
通しておきましょう。

 ※ビデオカードを最初につけてしまうと、この穴が見えなくなるため
   ケーブルが非常に通しにくくなりますのでご注意ください。

リンダ了解〜〜。


5インチ
サンチュ2.5インチのHDDやSSDは、
レールを付けてからビデオカードの裏側に取り付けます。



マザーブロック ライザーカード
ジュリーではマザーボードブロックに移りますぞ。
ビデオカード搭載時は、このライザーカードを
PCI-E x16スロットにつける事をお忘れなく。



電源ケーブル
サンチュSATA用電源ケーブルオスに、
電源のケーブルを接続します。



ベイ番号
ジュリーケーブルについている番号は、
各ドライブのベイにある番号と同じです。



SATA
サンチュSATAケーブルにも番号がありますので、ドライブを搭載した
ベイの番号付きケーブルをマザーボードに取り付けてください。


リンダこの番号は分かりやすいわね。

ジュリー無いときついので、 ちゃんと考えられている様です。


マザー取付け
サンチュマザーボード取付時は、
フロントパネル用ケーブルなどを先につけておいた方が良いですね。
そして、SATAなどのケーブルはすぐ左にまとめれば簡単ですよ。


リンダただし、ここには12cmファンや水冷を取り付け可能です。
その場合まとめにくくなるのでご注意を。



ビデオカード
ジュリー最後にビデオカードですの、(電源の次でもOK)
スペック上は320mm長まで対応しているので、
295mmのXFX R9 280Xで試しましたが問題ありません。


サンチュあとは先ほど通しておいた
補助電源ケーブルを接続すれば終了です。
各ブロックのカバーをつけ直しましょう。


リンダブロック別に作業をするから、本体の向きを変えたりして
多少時間はかかるけど、ブロックごとの作業は少ないから
たしかに困難というほどではなさそうね。


ジュリー感想としては、たしかに予想より簡単で、
初心者無用なケースではありません。
撮影しながら作って2時間かかりませんでした。


リンダほうほう。

ジュリーただし、ライザーカードや前面IO用ケーブルを付ける時、
ブロックの奥が狭くなるので、
手が大きいとちと面倒かも。ここはご注意を。


リンダ了解〜〜。



サンチュ作り方は以上です。

リンダ正直安くはない製品だけど、
質感は値段に負けていないと思います。
こういったケースがお好みの方はぜひどうぞ。



パーツ館
サンチュ「TRISTELLAR(三ツ星)SW」はパーツ館の2階に
展示中ですので、ぜひご覧ください。質感チェックも可能です。

 ※2/17:通販でも販売開始しました!



ジュリーしかし三ツ星か・・・。

リンダ今回は何を言いたいのか、
なんとなく想像できるのよね。


ジュリー正直、星というより、鉛筆とか重工のマークに見えるんですわ。
なお、アニメやゲームに出てくる宇宙船とかもありますが、
候補が多いのでパス。


リンダやっぱりね。

サンチュ否定はしません・・・。

ジュリーでは知ってると思いますが豆知識を。
鉛筆の会社は、重工や自動車のグループ企業ではありません。


サンチュですね。

ジュリーで、三ツ星で他に浮かぶのは
タイヤ会社の評価ですかの。


リンダそっちも来たか。

ジュリーという訳で、見ているとサイダーが飲みたくなる
最高評価の本ケースにご注目下さいませ。


サンチュ最後にもさりげなくネタを追加しましたね。



■今回紹介した製品
DEEPCOOL:TRISTELLAR SW
パーツ館で販売中!

その他記事一覧は こちら




Posted by dospara_partsdog at 18:23Comments(0)TrackBack(0)主要パーツ | 3匹2016年02月05日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: