A10-7890K/7860Kの3D性能をチェック

パッケージ
リンダ3月に登場した新APUが好調みたいね。

ジュリーです。という訳でチェックしてみました。
 ※APUの販売ページはこちら!






サンチュ3月に登場したのは、
A10-7860K/7890Kと、A8-7670K(以下表記は省略)でしたっけ?


リンダ中でも7860Kが人気みたいよ。
低価格かつTDP65Wというのがポイントね。


ジュリー今回はA10の2つを入手したので
3D性能を見てみますぞ。


リンダなお、主なAPUのスペックは以下の通りです。
(A8以上のCPUコア数はすべて4です)

  CPUクロック
(定格・Turbo Core)
GPU
シェーダ数
GPU
クロック
TDP
A10-7890K 4.1GHz、4.3GHz 512 866MHz 95W
A10-7870K 3.9GHz、4.1GHz 512 866MHz 95W
A10-7860K 3.6GHz、4.0GHz 512 757MHz 65W
A10-7850K 3.7GHz、4.0GHz 512 720MHz 95W
A10-7800 3.5GHz、3.9GHz 512 720MHz 65W
A8-7670K 3.6GHz、3.9GHz 384 757MHz 95W
A8-7650K 3.3GHz、3.9GHz 384 720MHz 95W
A8-7600 3.1GHz、3.8GHz 384 720MHz 65W


7860k付属クーラー
サンチュ7860Kの付属クーラーです。7860Kや7670Kのクーラーは
形状が2種類あるそうですが、冷却性能などは同じそうです。



新旧クーラー2
ジュリーなお、7890Kの付属クーラーは、
FX-8370と同じ新型の「Wraith Cooler(写真左)」ですわ。

 ※FX-8370やM.2搭載マザーの記事はこちら!




サンチュではチェックを開始しましょう。
使用PCとチェック内容は以下の通りです。


ジュリーちょうどあった犬モデルAM-001を使ってますので、
比較対象としてA8-7600を再計測しました。
i7 6700K内蔵とGeforce GT710は参考でどうぞ。

・使用PC
 マザーボード:ASRosk FM2A88X Extreme4+ UEFI:3.00
 Memory:PC3-17000(DDR3-2133) 4GBx2
 ハードディスク:TOSHIBA 1TB
 電源:玄人志向 KRPW-N500W/85+(500W 80PLUS BRONZE)
 OS:Windows 8.1 64bit

・ベンチマーク
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):解像度デフォルト(1280x720)
 PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):(簡易設定3、1280x720、ウインドウ) 
 PSO2体験版 EPISODE4(以下PSO2 E4):(簡易設定3・6、1280x720、ウインドウ)
 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア キャラクター編(以下新生)
             標準品質デスクトップPC、1280x720、ウインドウ
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド(以下蒼天)
            :DirectX 11、標準品質デスクトップPC、1280x720、ウインドウ
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
             標準品質、1280x720、ウインドウ

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時:OS起動後、3分ほど放置した状態
 FF負荷時 :新生FFXIVを計測中の最大値
 最大負荷時  :CPU負荷ツール「Prime95」と大討伐を同時に実行して1周するまでの最大値


・3D性能
  大討伐 PSO2 v2 PSO2 E4
(設定6)
新生 蒼天 DQX
A10-7890K 5846 9440 10038
(2114)
7643 5084 10488
A10-7860K 5455 8401 8088
(1859)
7538 4910 9688
A8-7600 5010 7365 7886
(1592)
7160 4601 9416
参考:i7 6700K 5311 7125 7032 4510 11631
参考:GT710 2725 2038 4347 3094 8425

・消費電力
  アイドル FF負荷 最大負荷
A10-7890K 37W 127W 166W
A10-7860K 37W 119W 131W
A8-7600 37W 120W 129W

リンダどれどれ、さすがAPUの上位製品だけあって、
3D性能はなかなかね。


サンチュPSO2もFFXIVも、標準設定なら快適ですね。

ジュリーGT710のPSO2 v2がやけに低いですが、
PSO2ベンチマークはビデオメモリ帯域が大きく影響するためです。


サンチュAPUとi7 6700Kのメモリは帯域が34GB/sですが、
GT710は14.4GB/sしかありませんね・・・。


ジュリーメモリバスが64bitのエントリー向けビデオカードは、
大体そんな感じになりますのでご参考にどうぞ。


サンチュあと消費電力はほぼTDP差に近い感じですね。

ジュリーなお、7860Kは他の2製品より最新のUEFIが必要なので、
メーカーの対応CPUリストを予めご確認くださいませ。


リンダ了解〜〜。




サンチュという事でチェック終了です。
APUの強みである3D性能の高さを見事に発揮しました。


ジュリー7600から7860Kが最大13%、
7860K→7890Kは最大24%くらい性能が上がってますの。


サンチュブラウザゲームはもちろん、
ネットワークRPGも標準設定なら十分にプレイできます。
ただし、さすがにPSO2 E4の設定6は厳しいですね。


リンダFFXIVも最高設定にすると苦しいし。
そういう設定をプレイする人は解像度もフルHD以上を
求めると思うので、ビデオカードを推奨します。

 ※Palit製品で設定6をチェックした記事はこちら!




ジュリーEP4の設定6・・・。

リンダ今回は何?

ジュリーEP4ベンチの舞台は惑星アムドゥスキア(AMD好きや)じゃないし。
EP4ベンチ独自設定の6でスコアが下がるのもやむをえませんの。


サンチュ地名関係ないですよね?

リンダAM-001モデルの時と同じネタなのが残念ね。
 ※パーツの犬モデルAM-001の記事はこちら!


ジュリーAMDモデルに新APUを搭載する
フラグという事でご容赦を><

 ※AM-001にA10-7860Kを搭載しました!





■今回紹介した製品
APUの販売ページはこちら!


その他記事一覧は こちら


スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
 ※Android・iPhone対応です。


Posted by dospara_partsdog at 12:18Comments(0)TrackBack(0)主要パーツ | 3匹2016年04月25日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: