RADEON RX480速報レビュー!

RX480パッケージ
サンチュRADEONの新製品「RX480」が
ついに登場しました!

 ※RADEON販売ページはこちら!
 ※玄人志向のRX480販売ページはこちら!


ジュリーという訳で、
早速速報レビューと参りましょうぞ。


 ※XFXのOC版 RX480・470・460の記事はこちら!





リンダこのRX480はミドル帯に位置する製品で、
末尾が80という事でR9 380や380Xの後継となります。


ジュリービデオメモリは4GB・8GBが存在しますが、
今回登場するのは容量が多い8GB版です。


サンチュGPUのコアが新しい「Polaris」となったのが特徴で、
基本スペックは以下の通りです。

VGA名
GPUコア名
シェーダ
TMU・
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
最大クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
RX480
Polaris
2304 144・32 GDDR5 4・8GB
256bit
1266MHz 8000MHz相当
256GB/s
150W
R9 390
Hawaii
2560 160・64 GDDR5 8GB
512bit
1000MHz 6000MHz相当
384GB/s
275W
R9 380
Tonga
1792 112・32 GDDR5 2or4GB
256bit
970MHz 5700MHz相当
182.4GB/s
190W
 ※RX480のTMU・ROP数は、GPU-Zで測定。

ジュリーなお、Polaris(ポラリス)とは、北極星の事です。
390や380がご覧の通り島だったので、大きく変わりましたのう。


リンダなお、メーカー情報だと、性能はR9 290の15%アップみたいね。
そうするとR9 390と同じくらいかな。


サンチュR9 390と比べるとTDPが125W減ってますね。
同じ性能で消費電力半減という感じでしょうか。




製品写真
ジュリーではチェックを始めませう。
まずは製品写真から。6/29発売の製品は各社ともに
リファレンスデザインです。



出力コネクタ
サンチュ出力コネクタは、
HDMI x1、DisplayPort x3ですね。
DVIが無いのでご注意ください。



補助電源
リンダ補助電源は6ピン x1です。


ジュリーなお、RX480のドライバですが、
初回版の付属ドライバは、Windows 7/10の64bitのみ対応の可能性があります。


サンチュその他のOSの方は、AMDのサイトより入手をお願いします。


ジュリーでは測定を開始しましょう。
比較対象は、古いRADEONが無かったので、
ライバルのGTX 970(定格)を用意しました。


サンチュ使用PCやチェック内容は以下の通りです。
なお、3DMarkのExtremeは違うPCでの計測結果を参照しています。
その時のCPUは6700Kです。


・使用PC
 マザーボード :ASRock H170 Pro4
 CPU       :Core i7 6700
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 電源      :XFX 650W 80PLUS GOLD
 OS       :Windows 10 Pro 64bit

・ベンチマーク
 3DMark Fire Strike:無料版・Extreme
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版 EPISODE4(以下PSO2 E4):簡易設定5・6、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下蒼天)
            DirectX 11、最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
             最高品質、1980x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル     :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷      :蒼天計測中の最高値
 最大負荷    :Prime95 + 大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最高値


・3D性能(3DMarkのカッコ内はExtreme)
  3DMark
Fire Strike
大討伐 PSO2 E4
設定5
PSO2 E4
設定6
蒼天 DQX
RX480 10315
(5512)
21843 53662 28917 9899 20177
GTX 970 9961
(4846)
24585 60181 42928 11295 19092

・消費電力(カッコ内はロングアイドル時)
  アイドル FF負荷 最大負荷
RX480 37(31)W 236W 304W
GTX 970 38W 246W 310W


リンダどれどれ、互角に近い感じだけど、
GeForce推奨の2大ベンチマークはさすがに勝てないわね。


ジュリー逆に、HITMANなどの海外系アクションゲームの一部やDirectX 12は
480が強いそうです。自分がプレイするゲームがどちらのメーカー推奨かを
調べておけば良いかと。


サンチュ消費電力はGTX970より少し低いですね。

ジュリーですの。ちなみにR9 390ですが、
RADEON 300シリーズ&Fury記事の時にFF負荷で387Wでした。
当時はCPUが違うとはいえ、この減りっぷりはなかなかかと。


リンダ価格は、ビデオメモリが8GBという事を考えると上々かな。

サンチュですね。日本価格でもコストパフォーマンスは
勝ってるのがポイントでしょうか。


ジュリーという訳で、まとめると以下の通りです。
 ・初回版ドライバは、Windows 7/10の64bitのみ対応の可能性あり。
 ・DVIコネクタ非搭載のため、HDMIやDPが無いディスプレイの人はご注意。
 ・性能はGTX970やR9 390の付近。
 ・消費電力はGTX970より少し低く、R9 390からは100W以上減。
 ・最安製品の価格(6/29現在)は、
  RX480 8GBが税込32,378円(玄人志向)、GTX970 4GBは税込34,580円(Palit)。

リンダほむ。

ジュリーあと、Steam VR TESTも最後に何とか見ました。
6.7(高い)で、90FPSを切る時はありませんでした。


リンダわざわざVRを見たのは何故?

ジュリーAMDいわく、RX480はVRが楽しめるPCを
低価格で普及させるためのVGAだそうです(要約)。
ですのでVRは見ておかねばと。


サンチュなるほどです。




ジュリーという訳でチェック終了です。
ワット&コストパフォーマンスが良い
手堅くまとまった製品という感じですの。


リンダかな。FreeSync対応ディスプレイの価格も
こなれてきているから、この機会にぜひどうぞ。


ジュリーですのう。なお、コア名がポラリスと聞いた時は、
真っ先にポラリスヒルダさんを思い出しました。
PC環境を新調やパワーアップ(躾け直)したい方はこのRX480をご一考くださいませ。


リンダ懐かしいネタだけどまったく関係ないわよね。

サンチュ私は全然わかりません。
古いネタで締めるとこの製品も古く感じるじゃないですか?


ジュリーRX480はVRにも適した最新製品ですので
皆さんご安心ください><




■今回紹介した製品
RADEON RX480
RADEON販売ページはこちら!


その他記事一覧は こちら


スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
 ※Android・iPhone対応です。



Posted by dospara_partsdog at 22:00Comments(3)TrackBack(0)主要パーツ | 3匹2016年06月29日
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by あ   2016年06月30日 00:18
GTX1060が発売されたらPSO2は4kで970辺りと比較して欲しいです。
フルHDはスコア頭打ちで実ゲームでアテにならないので。
2. Posted by N/A   2016年07月03日 00:20
>・DVIコネクタ非搭載のため、HDMIやDPが無いディスプレイの人はご注意。

DP/HDMI→DVI変換付属するのかしないのか、付属しないなら変換別売りで取り扱いあるのかどうか?
ご注意くださいじゃ分からないよね普通の人は。

まぁ無いなら無いでAmazonでDP→DualLinkDVI変換が3000円ぐらいで売ってるのでそれ買えば良いだけですが、
GTX10xxはDL-DVIで2560x1440 80Hz以上はOS起動しない不具合ありますからね。
60Hzで起動してから120Hzに上げるのはOKなのでBIOSの問題ですが。
3. Posted by GTX750ti   2016年07月03日 19:14
ショートタイプのオリファンが早くほしい所。HDMIはPS3が占領してるからね〜。ただ電源供給の問題とかがちらほら聞こえているので、ある程度安定してきたら購入を検討しようかと思います。電源も変えたほうがいいのかな?500W電源やが。
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: