RADEON RX460をチェック!

ジュリーRADEON RXシリーズに、
RX 460が登場しました!


サンチュ1万円台で購入可能な
エントリー向けモデルですね。


 ※RADEONの販売ページはこちら!

 ※XFXのOC版 RX480・470・460の記事はこちら!





リンダどれどれ、早速スペックよろしく。

サンチュ了解です。詳細は以下の通りです。
VGA名
GPUコア名
シェーダ
TMU・
ROP数
搭載メモリ
メモリバス
GPU
最大クロック
メモリクロック
メモリ帯域
TDP
RX480
Polaris10
2304 144・32 GDDR5 4・8GB
256bit
1266MHz 8000MHz相当
256GB/s
150W
RX470
Polaris10
2048 128・32 GDDR5 4・8GB
256bit
1206MHz 6600MHz相当
211.2GB/s
120W
RX460
Polaris11
896 56・16 GDDR5 2・4GB
128bit
1200MHz 7000MHz相当
112GB/s
75W

ジュリーRX 460は470・480とは少し違うPolaris11となります。
エントリー向けという事でシェーダ数などが減っていますが、
その代わりTDPが75Wです。


パッケージ
リンダところで、今回入手した製品は、
メモリ4GBのオーバークロック版(以下OC)の
SAPPHIRE:11257-02-20Gなのね。


ジュリーRX 460本来の仕様だと補助電源無しですが、
この製品は6ピン付きです。性能や消費電力などが少々高くなると
思われますので、参考としてご覧くださいませ。


サンチュ了解です。



製品写真 出力コネクタ 補助電源
リンダという事で、本製品の写真を確認すると、確かに補助電源があるわね。
画面出力はDVI-D・HDMI・DisplayPortね。


ジュリーなお、本製品の付属ドライバはHotfix版の様です。
Windows 10がアニバーサリーアップデート済みだと
普通はインストールできません。


サンチュそういった方は、AMDのページより
Hotfixと書かれていない最新ドライバをご入手ください。
(チェック時の最新は16.7.3)

 ※AMDのダウンロードページはこちら!



ジュリーでは測定を開始しましょう。
比較対象は、GTX 750 Ti(TDP 60W)・GTX 950(TDP 90W)の定格版と、
以前計測しておいた補助なし版R7 360E(一部ベンチマークのみ)です。


サンチュなお、比較が定格ですので、本製品も通常だけでなく、
RADEON設定で定格相当(ブースト時1199MHz)にした状態も計測しました。


ジュリー使用PCやチェック内容は、
以下の通りであります。


・使用PC
 マザーボード :ASRock H170 Pro4
 CPU       :Core i7 6700
 メモリ     :PC4-17000 4GBx2
 電源      :XFX 650W 80PLUS GOLD
 OS       :Windows 10 Pro 64bit

・ベンチマーク
 3DMark Fire Strike・Time Spy
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版 EPISODE4(以下PSO2 E4):簡易設定5・6、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下蒼天)
            DirectX 11、最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
             最高品質、1980x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル     :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷      :蒼天計測中の最高値
 最大負荷    :Prime95 + 大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最高値


・3D性能
  3DMark
Fire Strike・Time Spy
大討伐 PSO2 E4
設定5・6
蒼天 DQX
RX 460 OC 5338・1951 10873 24650・8102 5077 18874
RX 460
定格相当
5170・1893 10525 23877・7864 4915 18270
参考:R7 360E 6199 2527 13084
GTX 750Ti 4111・1319 9312 25697・7531 4370 15018
GTX 950 5674・1934 13137 44603・14235 6123 17788

・消費電力
  アイドル FF負荷 最大負荷
RX 460 OC 36W 164W 228W
RX 460
定格相当
36W 148W 217W
GTX 750Ti 35W 129W 196W
GTX 950 33W 152W 218W


リンダどれどれ、全体的に750Tiと950の間かな?

サンチュですね。あとはさすが新コアだけあって、
DirectX 12ベンチマークのTime Spyは950と互角ですよ。


リンダ消費電力は・・・、定格相当が750Tiと20W弱の差ね。
ビデオメモリ4GB版だから少し多い事を考えると、大体TDPの差通りかな。


ジュリーですのう。

リンダ値段はどうかな?

サンチュ本製品はOC & メモリ4GB版という事で価格が950に近いですけど、
定格 & 2GB版なら12,980円+税からありますよ。

 ※RX460の販売ページはこちら!

ジュリーという事でチェック終了です。
1万円台である程度ゲームが可能なビデオカードを
お求めの方は、このRX 460にご注目下さいませ。


リンダ補助電源不要な製品だと
小型PCが作りやすそうね。


サンチュなお、AMDいわく、RX 460はMOBAなどの
負荷が軽いゲームにお勧めだそうです。
そういった用途の方はぜひどうぞ。


リンダとにかく、RXシリーズは発表された3製品が出そろったので、
価格と性能、消費電力に応じてお好みの製品をお選びください。



ジュリーしかしRXが3種類か・・・。

サンチュ今回は何ですか?

ジュリーRXで3種類と聞くと、ガンダム・キャノン・タンクを
連想しますのう。という訳で3機の様に活躍できそうな
RXシリーズにご注目あれ。


リンダなんとなくそう来る予感はしたわね。 ところでRX 460はどの機体なの?

ジュリーRX 460は低価格で小型だから・・・、ボール?

リンダボールはRXじゃないから。

サンチュなんだか台無しですね。

ジュリーこのRX 460は、ボールの様に
使い勝手に優れる製品ですので、皆さんぜひご活用ください><




■今回紹介した製品
RADEON RX460
RADEON販売ページはこちら!


その他記事一覧は こちら


スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
 ※Android・iPhone対応です。



Posted by dospara_partsdog at 13:35Comments(0)TrackBack(0)主要パーツ | 3匹2016年08月18日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: