「自作セット パーツの犬モデル」に高性能かつ買い求めやすい「VR-003」が登場!

ジュリーパーツの犬モデルに
GTX1070搭載の新モデル「VR-003」が登場であります!


サンチュ人気のモデル103をベースに
静音仕様にしたモデルです。



 ※犬モデル総合ページはこちら!

 ※2017/2/14:販売終了しました!






リンダ009とVR-001の関係と同じかな?
 ※VR-001の記事はこちら!

ジュリーですの。ただし、009・VR-001はVGAが違っていますが、
こちらは103と同じ、GTX1070 Super JetStream
を搭載しております。


サンチュもちろん3Dゲームも快適ですよ。

リンダほむ、ところでわざわざ
VR-003を出したのはなんでかな?


ジュリーVRが目的だと、性能が余裕でも
正式に「VR」をうたっていないと不安という方が結構いたのです。


サンチュあと、VR-001・002は価格差が倍ですから、
中間モデルをご要望の声もありました。


リンダなるほど了解。




GRAVITO
ジュリーという訳でスペックは以下の通りです。

マザーボード:ASRock Z170 Extreme4
CPU     :Core i7 6700K
CPUクーラー:ENERMAX ETS-T40F-TB
メモリ     :PC4-17000 4GBx2 or 8GBx2
HDD     :2TB 7200回転 + 256・480GB SSD
光学     :DVDスーパーマルチ or Blu-ray
VGA     : Palit GeForce GTX1070 Super JetStream
電源     :ENERMAX ERX650AWT(650W 80PLUS GOLD プラグイン)
ケース    :ENERMAX GRAVITO or ENERMAX COENUS
OS      :WINDOWS 10 Home 64bit(DSP)
 ※ 一部のパーツは、在庫状況により同等品や新製品に交換する場合があります。OSは除外可能です。
 ※キーボード・マウス・モニターは別売りです。


リンダ確かに基本構成は103に近いわね。
というかほぼ103のGRAVITOモデルかな。

 ※モデル103の販売ページはこちら!


VR003完成写真1 VR003完成写真2
ジュリーCPUクーラーなどは決め打ちにして、
迷わないようにしてあります。
という訳で完成写真はご覧の通りであります。


サンチュ了解です。


リンダでは恒例のマニュアルのアドレスや、
Windows 7インストールの注意をよろしく。


ジュリーういさ。製作の時は、「自作パソコン組立マニュアル」と
「モデル103・009詳細マニュアル」をダウンロードしておくと便利です。


サンチュ「組立マニュアル」はCPUの取付けやOSインストール方法などの解説、
「詳細マニュアル」はモデル毎の特徴(コネクタの位置など)が載っています。


 ※自作パソコン組立マニュアルはこちら!
 ※モデル103・009詳細マニュアルはこちら!


ジュリーそして、009や101同様に、Intel 100シリーズのマザーボードは、
そのままの設定だとWindows 7インストール中にUSBが使えなくなります。


UEFI1 UEFI2
サンチュですので、最初にUEFI内の「Advance」→「USB Configuration」にある
「Port 60/64 Emulation」もしくは「PS/2 Simulator」を「Enable」にしてください。
これでWindows 7インストール中も操作可能になります。


リンダなお、「Port 60/64 Emulation」「PS/2 Simulator」の表記ですが、
ASRock製品はUEFIバージョン次第でどちらかの表記になる可能性があります。
とはいえ、項目がある場所は共通してますのでご安心ください。


サンチュOS&USB3.0ドライバインストール後はUEFIを戻しても大丈夫です。
「Enable」のままだと速度が落ちる事がありますのでご注意ください。


リンダういうい。




ジュリー性能ですが、さすがに103と同じなので、
3Dベンチマークは流用です。ただし、VRテストや消費電力は新計測です。
また、負荷放置なども再計測していますのでご安心くださいませ。


・ベンチマーク
 CINEBENCH R11.5:CPU測定
 Hyperパイ     :1M桁(1コア測定)
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):解像度1920x1080、フルスクリーン
 PSO2体験版 EPISODE4(以下PSO2 E4):簡易設定6、1920x1080、フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(以下蒼天)
            :DirectX 11、最高品質、1920x1080、フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQ1X) Ver1.4K
            :最高品質・1920x1080・フルスクリーン
 SteamVR Performance Test(以下VR Test):設定変更なし
 VRMark無料版(以下VRMark):設定変更なし

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時     :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 負荷時      :蒼天が終わるまでの最大値
 最大負荷時    :CPU負荷ツール「Prime95」と大討伐を同時に実行し、
             1周終わるまでの最大値

・CPU性能
  CINEBENCH Hyperパイ
(少ない方が高速)
i7 6700K 10.31 8.707秒

・3D性能(VR TESTは11がMAXです)
  大討伐 PSO2 E4 蒼天 DQX VR TEST VRMark
VR-003 GTX 1070 37618 52692 17912 21094 11(非常に高い) 9253
(Super)
103 GTX 970 25834 11904 20519
009 GTX 980Ti 39784 17477 20860

・消費電力

  アイドル 負荷
(新生FFXIV)
最大負荷
(Prime95+大討伐)
VR-003 GTX 1070 40W 251W 318W
103 GTX 970 41W 254W 328W
009 GTX 980Ti 45W 340W 410W

リンダどれどれ、VR TESTはVR-001と同じ最大の11ね。
これなら快適な仮想体験ができそうね。


サンチュですね〜。

ジュリー当然ですが、3Dゲーム用PCとしても
まったく問題ないのでご安心くださいませ。


リンダういさ〜。



サンチュ無事チェック終了ですね。
これでVRモデルが3製品になりましたので、
価格や性能を見てお好みの1台をお選びください。


リンダそう言えば価格はどれくらいなんだっけ?

サンチュ9/21の時点で約15万円+税でしょうか。
VR-001が約185,000円+税、002が約94,000円+税です。
ど真ん中ではないですが、これまでの中間という事で。


リンダなるほど了解。

ジュリーど真ん中・・・。

リンダ今回は何よ?

ジュリー去年Bクラスだった広島と横浜、
それぞれCS進出おめでとうございます。


サンチュなぜ突然野球なんでしょう?

ジュリー真ん中と聞いてまず思ったのが、
野球のど真ん中見逃しでした。


リンダなぜ見逃す・・・。

ジュリーで、野球と言えば、拙者は大洋時代からの横浜ファンにて、
今年は感慨深いです(遠い目)。という訳で、
このVRモデルを通じて自作erと感動を分かち合いませう。


リンダ一瞬良い話と思ったけど、全然関係ないし。
あと、その流れだと、このモデルが001・002に埋もれて
見逃されるイメージしかないんだけど。


サンチュ全くその通り、いただけませんね。

ジュリー価格は真ん中付近でもVR性能はVR-001と互角、
横浜(大洋)に例えるなら、ポンセやパチョレックの様なコスパに優れる
モデルですのでご安心ください>w<

 ※GTX1080モデルはローズでお願いします。


犬モデルの総合ページはこちら!

その他記事一覧は こちら


スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
 ※Android・iPhone対応です。



Posted by dospara_partsdog at 10:19Comments(0)TrackBack(0)3匹 | 自作キット2016年09月21日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: