パーツの犬モデルに第7世代 インテル Coreプロセッサー(Kaby Lake-S)採用モデルが登場!

リンダインテルの新プラットフォーム
「第7世代 インテル Coreプロセッサー(以下Kaby Lake)」が
ついに登場したわね!


サンチュパーツの犬モデルも、
最新プラットフォームのローンチに合わせて
「201」「VR-201」の2モデルが登場です!

 ※VR-203を追加しました!

 ※モデル201のページはこちら!
 ※モデルVR-201のページはこちら!
 ※モデルVR-203のページはこちら!
 ※パーツの犬モデルの総合ページはこちら!





ジュリー好きなパーツ、最新パーツを選べるのが
自作の醍醐味であります。Intel最新CPUとマザーボードを
採用しない手はありませぬ。


サンチュですね〜。

ジュリーなお、Kabyの読み方ですが、基本的にケイビー・カビー
どちらでも良いそうです。我らはカビーで行きますのでよしなに。
心持ち「カ」の発音も伸ばすと良いかも。


リンダ早くもオチが分かった気がする・・・。

サンチュKaby Lakeの基本性能は、製品レビューをご覧下さい。
 ※製品レビューの速報記事はこちら!



ジュリーではモデル解説を始めますか。
基本的にモデル101・VR-001・VR-003の後継で、
CPU・マザーボード・メモリを更新しました。


リンダメモリって、DDR4のままじゃないの?

ジュリーKabyはPC4-19200(DDR4-2400)メモリを標準サポートしたので、
モデルのメモリも17000(DDR4-2133)から19200に変更しました。
動作はXMPではなく、ちゃんとネイティブです。

 ※ネイティブだと、UEFIで設定しなくても2400で動作します。

サンチュなるほどです。

リンダHDD(SSD)・VGA・ケース・電源などは
そのまま継続なのね。
まあ無理にいじる部分じゃないしね。


サンチュですね。なお、主要パーツが変わりましたので、
負荷などは新たに見ています。ご安心ください。


ジュリーという訳で、各モデルの基本構成は以下の通りです。


FulmoQ
●モデル201
マザーボード:ASRock H270 Pro4
CPU     :Core i5 7500
メモリ     :PC4-19200 4GBx2
HDD/SSD :240GB SSD(HDD増設可能)
光学     :DVDスーパーマルチ
VGA     :オンボード or Palit GTX1050Ti 4GB or GTX1050 2GB
電源     :500W 80PLUS BRONZE
ケース    :ENERMAX Fulmo Qなど
OS      :Windows 10 Home 64bit (DSP)
 ※OSは除外可能です。
   一部のパーツは、在庫状況により同等品に交換する場合があります。
 ※キーボード・マウス・モニターは別売りです。



GRAVITO
●VR-201・VR-203
マザーボード:ASRock Z270 Extreme4
CPU     :Core i7 7700K
CPUクーラー:ENERMAX ETS-T40F-TB
メモリ     :PC4-19200 4GBx2 or 8GBx2
HDD/SSD :2TB 7200回転 and 240〜256・480〜512GB SSD
光学     :DVDスーパーマルチ or Blu-ray
VGA(VR-201): Palit GeForce GTX1080 GameRock Premium
VGA(VR-203): Palit GeForce GTX1070 Super JetStream
電源(VR-201):ENERMAX ERX750AWT(750W 80PLUS GOLD プラグイン)
電源(VR-203):ENERMAX ERX650AWT(650W 80PLUS GOLD プラグイン)
ケース    :ENERMAX GRAVITO
OS      :WINDOWS 10 Home 64bit(DSP)
 ※OSは除外可能です。
   一部のパーツは、在庫状況により同等品に交換する場合があります。
 ※キーボード・マウス・モニターは別売りです。

リンダどれどれ、確かに基本部分以外は継承してるわね。

ジュリーどれも使用実績抜群のパーツですので
ご安心くださいませ。


サンチュでは製作時のチェックポイントに行きましょう。
組立の際には、組立マニュアルや
モデル別詳細マニュアルをご覧ください。

 ※自作パソコン組立マニュアルはこちら!
 ※モデル201の詳細マニュアルはこちら!
 ※モデルVR-201・203の詳細マニュアルはこちら!



リンダなお、今回のモデルから、サポートOSは
Windows 10のみとなりますのでご了承ください。


ジュリーちなみに、201のVGAモデルは、
GTX 750Tiが終息のため、GTX 1050/1050Tiのみになりました。



アナログ出力
サンチュアナログ出力をご希望の場合、
今回のASRockマザーボードは背面IOパネルに
D-Sub15ピンが復活しましたので、そちらをご利用ください。


リンダなお、ASRockはD-Subが復活した代わりに、
オンボードDisplayPortが無くなったマザーボードが多いわね。


サンチュ何だかんだで4KはVGAを使ってほしいという事でしょうか?

ジュリーおそらくそんな所かと。なお、本モデル詳細マニュアルでは、
マザーボードとVGAの同時出力設定を記載しています。
VGA搭載モデルでもアナログ出力できますのでご安心ください。



AURA
リンダあと、Z270 Extremeは標準設定だと
シャットダウン時でもマザーボードが光るので、
詳細マニュアルにはそれを消す方法も記載してあります。




201完成写真1 ・モデル201(VGA無し)

VR-201完成写真 ・モデルVR-201


ジュリーという訳で製作してみました。
完成写真はご覧の通りです。


リンダういさ。

ジュリーでは性能チェックを始めますぞ。
ベンチマーク内容は以下の通りです。


サンチュ比較対象はそれぞれの前モデル、
つまり101とVR-001ですね。



●CPUベンチマーク
 CINEBENCH R11.5:CPU測定
 Hyperパイ     :1M桁(1コア測定)

●3Dベンチマーク(4K時は解像度3840x2160)
 MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):  解像度1920x1080・フルスクリーン
 PSO2体験版EPISODE4(以下PSO2 e4):  簡易設定6・1920x1080・フルスクリーン
 ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク(蒼天)
               DirectX 11・最高品質・1920x1080・フルスクリーン
 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.4K
            :最高品質、1920x1080、フルスクリーン

以下VR-201のみ計測
 SteamVR Performance Test(以下VR TEST):設定なし
 VRMark無料版(以下VRMark):設定なし

●消費電力(ワットチェッカーで計測)
 アイドル時    :OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
 FF負荷時     :新生FFXIVが終わるまでの最大値
 最大負荷時    :CPU負荷ツール「Prime95」と大討伐を同時に実行し、
            1周終わるまでの最高値



・CPU性能
  CINEBENCH Hyperパイ
i7 7700K 10.95 8.141秒
i5 7500 6.97 9.580秒
i7 6700K 9.81 8.704秒
i5 6500 6.37 10.342秒

・3D性能 モデル201
  大討伐 PSO2 e4 蒼天 DQX
201
GTX1050Ti
14666 23090 7842 18742
201
GTX1050
13202 18241 7171 18327
201
VGA無し
2264 492 1107 4780
101
GTX1050Ti
14479 22357 7719 17299
犬101
GTX1050
13190 17895 7066 17162
101
VGA無し
1994 471 1028 4227

・3D性能 モデルVR-201・VR-203(カッコ内は4K)
  大討伐 PSO2 e4 蒼天 DQX VRtest VRMark
VR-201 48239
(14623)
95914
(24501)
20816
(7553)
21982
(20287)
11 10336
VR-203 37700
(11213)
79705
(16032)
18335
(5919)
21757
(18116)
11 9780
VR-001 48448
(14646)
71039
(24350)
19889
(7489)
21326
(19962)
11 9411
VR-003 37618 52692 17912 21094 11 9253

・消費電力

  アイドル 負荷
(新生FFXIV)
最大負荷
(Prime95+大討伐)
201
GTX1050Ti
36W 119W 154W
201
GTX1050
36W 116W 149W
201
VGA無し
30W 63W 94W
101
GTX1050Ti
39W 124W 158W
101
GTX1050
38W 118W 152W
101
VGA無し
27W 70W 93W
VR-201 41W 310W 373W
VR-203 42W 254W 314W
VR-001 38W 315W 378W
VR-003 40W 251W 318W

リンダどれどれ、どちらも性能アップ&消費電力ちょい減りね。
ワットパフォーマンスが上がったかな。


サンチュさすがにすぐ前の世代であるSkylakeが対象なので
劇的アップでは無いですが、順当ですね。


ジュリー犬モデル購入のきっかけは、
PCが古くなったからという理由が多いので、
Sandy・Ivy時代、もっと古い人が買うのではないかと。


リンダその頃から比べるとすごくアップしてるので、
この機会にぜひどうぞ。


サンチュなお、旧モデルについては、
101はi5 6500やH170がある間は継続しますが、
その他は終了します。


リンダ了解〜〜。




サンチュという訳でチェック終了です。
最新パーツをいち早く取り入れてパフォーマンスが向上した
Kaby Lakeモデルにぜひご注目下さい。


ジュリーしかしカービーか・・・。

リンダさっきも言ったけど、
今回ほどオチが想像できる話もそうないわよね。


サンチュ私でも分かります。

ジュリーいやいや、拙者はそんな安易なネタは使いません。
なので、今回はピンク色のリンダさんが
何か言うべきでは?(責任転嫁)


リンダそうきたか。

ジュリー年末の4コマ漫画でお子様でも分かりやすいネタにしたのも
そのためです。犬モデルは子供(家族)でも楽しめるがモットーですから。
さあ子供に人気のピンクのキャラネタをどうぞどうぞ。

 ※フレッシュネタ満載の年末4コマ漫画はこちら!


リンダ・・・なんでも吸い込む〜、
赤い星のザンギ〜、フン!(レバーを丸く一回転+パンチ)

 ※スト競拭璽椶離競鵐エフはピンクです。

ジュリーそうきたかぽよ><

サンチュ・・・ではみなさん、インターネットやVR、
そしてPC版ストVなどのゲームも楽しめる
犬モデルをこれからもよろしくお願いします。





■今回紹介した製品
自作セット パーツの犬モデル 201・VR-201・VR-203
 ※モデル201のページはこちら!
 ※モデルVR-201のページはこちら!
 ※モデルVR-203のページはこちら!
 ※パーツの犬モデルの総合ページはこちら!

その他記事一覧は こちら


スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
 ※Android・iPhone対応です。





Posted by dospara_partsdog at 02:00Comments(0)TrackBack(0)3匹 | 自作キット2017年01月06日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: