知っていますか?この話! ★Vol.09★

alienware

ずば抜けたデザインとスペック!

至高のPCしか出さないショップ・・・


ご無沙汰していました。

ようやく涼しくなってきましたね。

今日は知る人ぞ知るハイエンドPC、3DゲームPC
を専門に販売するアメリカのショップを
紹介します。

その名は「Alienware

ドスパラのサイトで他のショップを紹介するのは
どうか?と思いましたがこのショップが欧米,
欧州のみの展開と通販専門のショップなので
まあいいかな?と。

さて、まず目に付くのはAlienwareが採用している
ケースである。

このケースはAlienwareが独自にデザインして
台湾のケースメーカーが生産している。

独自デザインを採用しているショップは結構
あるがやはりビジネスモデルを気にしているのか
保守的なデザインが多い。
しかし、Alienwareのデザインは遊び心満点の
スーパースポーツカーの様なデザイン

攻撃的とも言える。

case

下側にある大きく左右に開けられたスリットには
内部ファンが装着され吸気をする、
さらにこの部分にはLEDが内蔵され怪しさを醸し出している。スリット下部にはデザインを損ねない
様にUSBポートを搭載。

casedown

ケースの塗装には車の塗装と同じツヤのある
非常に手間がかかる塗装が施される。

またケース内のフレーム部分にも拘りが見られ
ドライバレスで確実にホールドできるベイシステム。内部スペースは十分なスペースが確保されて
いる。
ちなみにこのシャーシは台湾のケースメーカー
Chieftec
が製造している。
実はAlienwareのケースもここがライセンス生産を
していると思われる。
Alienwareのケースは残念ながら契約上で外部に
流出されないようになっているので入手は不可能だ。
これまでにもAlienwareのケースが単品販売された事は一度もない。

つまりAlienwareのケースを手に入れるのは
PCをAlienwareのダイレクトショップで
購入するしかない。日本に輸出してくれるかは
要交渉かもしれない。

さて、ここを見て頂きたい。
BTOができるのだが選べるパーツがヤバイ!
VGAはミドル〜ハイエンドしか無く
さもX800クラスFX6800クラスがデフォルトな
仕様
である。
メモリも然り。感覚的には512MBで少ない、
標準1G、
ちょっと多めの2G、てんこ盛りの4G
なんて選択肢だ。

HDDに至ってはS-ATAの爆速HDD、WDのRapterのRAIDや
オプション選択次第では最大1.2TB
まで選択できる。

サウンドカードもAudigy2のDigitalAudioなどがデフォルトでオンボードにすると-33ドルとか
普通ではあり得ない選択肢。

しかし、スペックが全部良いわけではない
3Dゲームの動作にあまり関係ない光学ドライブは
DVD-ROMがデフォルトになっており
3Dゲーマーが考えたスペックになっている。

更によく見てみよう。

VGAのオプションでは
[GeForce™ 6800 Ultra PCI Express 256MB DDR3 w/Dual Digital and TV Out」

という市場にはまだ出ていないVGAが選択肢にある。
ちなみに一般のBTOだと選択できても
実際PCが出荷されるのは、VGAが市場に出たら。である。
しかしAlienwareは選択肢にある時点で出荷可能
らしい。

その秘密は、実はAlienwareというショップは
Intel,AMD,ATI,Nvidiaその他のメーカーと
特別な関係にあるらしく、最新のパーツが、
それこそ市場に出てないパーツが最優先で
供給されるのである。

恐らくDELLやHPが真似できないハイエンドPCの
パフォーマンス、プロモーションが抜群に
上手いからであろう。

そのせいか、Intelと協賛してゲーム大会
開いたり、PCショーなどでIntelやAMDがDEMOに使う
PCはAlienwareが多い。

そしてつい最近では4GhzのPen4を搭載したモデル
発表している。


ALX


写真を見る限り、水冷PCで、上段に12cmダブルラジエーターを配置して上面で排気、水枕などからKoolanceのシステムが組み込まれているようだ。

しかし水冷システムを搭載していながら
このラジエーター排気口を邪魔しない
デザインは秀逸である。

ちなみに、この4Ghという数値はオーバークロックして出している様だ。BTOのショップのモデルで
OCされたPCが最初から仕様になっているのは
この規模のショップでは、おそらく世界初ではないであろうか?
私が初めて知ったのは5年前、
それでもケースデザインはそのままで根強い人気を誇っている。
PCパーツが安くなったとはいえ、ここのPCは
手が出にくいのではないだろうか?

いつの日か手に入れたいマシンである。


−−−−
かたっくるしくて、ごめんなさい。

RAIDMAXが同じようなデザインで出してるけど
やっぱり本家のが欲しいミッキーでした。



Posted by dospara_partsdog at 01:28Comments(0)TrackBack(0)ミッキー │2004年09月17日
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL: 情報を記憶: